歯はながーくつきあう大切なもの“8020”をめざせ
2014-07-23

歯の病気の代名詞といえば、虫歯と歯周病、歯ブラシが届かない場所にプラークが出来やすくなり、プラークは歯と歯ぐきにとってもかなり危険な存在。
歯の健康は日ごろからの心がけが大切。
1年に1、2度の定期健診はお忘れなく。
“ちょっと歯医者へ”が80歳まで20本の歯を保つ簡単かつ最も効果のある方法なのですね。

戻る